月夜ロードショー

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラゴン・タトゥーの女_41

<<   作成日時 : 2012/06/14 12:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

刺青が、いつからかタトゥーなんぞと、
ちょい気取った呼ばれ方をするようになりました。
最近ではタトゥーの方が正解みたいな感じになっています。
パスタみたいに。

子供の頃、何にでも名前を書かされませんでした?
筆箱やらノートやら、上履きとか。
消えにくい油性マジックで。

タトゥーってアレと同じことでしょ、
要するに、「てめぇ、どこのもんじゃい!」がわかるよう、
身体に直で書いちゃっているわけ。

どうせ書くなら番号とか文字だけじゃ味気ないよね、
ってなノリで、デザイン性が求められていったのでしょう。

本作の主人公の女性は、背中にドラゴンを書いています。
といっても「昇り龍」のような和テイストではないやつ。

「ドラゴン・タトゥーの女(11年)」 ☆☆☆
米国:デビッド・フィンチャー監督作品

この背中ドラゴンの女が、経済ジャーナリストの男と、
連続猟奇殺人事件の真相究明に挑むお話です。

オープニング映像からハマリます。
めっちゃかっこいい。
ツェッペリンの「移民の歌」がまたいいッ!
フィンチャー監督作品だとこれだけでわかります。

上映時間の長さを指摘する声もありますが、
途中の失速もなく、ほどよくハラハラドキドキもあって、
辛さを感じる展開ではありませんでした。

背中ドラゴンも好演です。
全身ピアスで全身タトゥー、不健康な黒いメイク。
まぁ、大阪での役所勤めはNGでしょうね。

あっ、そうそう、中島美嘉のイメージですかね。
あくまでイメージですけど。

壮絶な生い立ちをもつ背中ドラゴンは、
とにかく病的で○○と紙一重の感じ。
それでいて、ずば抜けた記憶力を持っていて、
しかも、天才的ハッカーなのです。

なにやら、ニューヒロイン降臨の予感が・・・。

原作は世界的ベストセラーになった小説「ミレニアム」。
この小説は3部作になっています。
っつー事は、続編の可能性ありですよね。

フィンチャーが撮るとは限りませんが、
あわよくば同じキャストとスタッフで願いたいものです。

それほどハマッた作品という事。
おすすめします  i(*t*)a


ドラゴン・タトゥーの女 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2012-06-13

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ドラゴン・タトゥーの女 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドラゴン・タトゥーの女_41 月夜ロードショー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる